よく知らない女性と会った時は何を話せばいいのか迷ってしまいませんか? 私もこれから紹介していくテクニックを知る前は、女性、特に綺麗な女性の前では(うわぁぁ・・・何を話していいのかわからない、なんか言葉を考えないと、だけど頭の中に言葉が全く出てこない)という感じでパニックになっていました。

当然、頭の中は混乱したままなので、何も言葉が思い浮かばないか、やっと出てきた言葉であっても、全くその場に合っていない言葉なので、女性が受け取ることができずに「それってどういうことなの?」と返されてしまって、さらに頭の中が大混乱になってしまうという、地獄のようなループになってしまうことがありました。

自分が話すのは二の次で女性の話を聞く

私は(女性に自分をアピールしていくためには、とにかく何か女性に話を振らないといけない)というような固定観念がありました。
なぜこんなことを思ったのかわかりませんが、とにかくそのような考えに縛られていたのです。

しかし、いろいろ女性とのコミュニケーションを勉強していく中で、そのような考えは間違っていることにようやく気づくことができました。
考えてみれば、女性というのは男性と比較にならないくらいに喋る生き物ですから、女性と仲良くなるためには”女性に気持ちよく喋ってもらう必要がある”ということにようやく気づくことができたのです。

聞くテクニックの難しさ

女性とのコミュニケーションではとにかく女性の話を聞いてあげることが大事、ということを学んだ後は女性の話を聞いてみることにしたのですが、男性と女性の感性の違いからか、とにかくその作業が苦痛でしかありませんでした。

例えば、女性の話を聞くとするとこのような感じで話しかけてくるでしょう。
「それでこの前、妹がさ~、数学のテストで40点だったんだよねー”お前40点かよ!”って思ったけどー、まあ、私も人の事言えないなって思って、別にそこまで怒らなかったんだけど・・・お母さんがやばいくらい怒ってさー”あんた! ちゃんと勉強しないとろくな大人にならないわよ!”って、私の方をちらっと見ながら怒鳴ってるわけ! ひどくなーい!? 本人は韓ドラ見ながら、せんべい食べてる太ったおばさんのくせに! ライザップに行けよ! って感じ!」

だいたい頭の中で、男性にとってはくだらなすぎる女性の長話が想像できたでしょうか? そのような時私は”話を聞く態勢” というのを意識していないと「ああ・・・ああ・・・」というような、すべての希望が失われてしまったような表情で返答してしまいます。

あまりにもつまらなすぎるので、スマホの画面を見ながら聞いているかもしれません。 ですが、当然のことながら、そのような態度をとっていると、女性の方から「ねえ? ちゃんと私の話を聞いてくれてる!?」ということを言われるかもしれませんし、言われなくても(ああ・・・この人は私の話なんて全然聞いてくれないんだな)と失望されてしまって、全然話してくれなくなるかもしれません。

そうなってしまったら、その女性と仲良くなることなんて夢のまた夢でしょうし、その女性が隠している肌の部分を見ることなんて、叶うはずがないでしょう。
しかし(よしわかった! 俺は頑張って女性のつまらない話も、しっかり聞いてみるぞ!)と思ったかもしれませんが、男性にとってそれは拷問みたいなものなので、うまく女性にバレないように”聞いてるふり”のテクニックをマスターすることを心がけてみてください。

リアクションで返事をする

女性の扱いを勉強するために私が参考にしているのは、石田純一さんです。彼の何が参考になるのかと言うと、石田さんは男性視点から見ると話を聞いているふうには見えないのですが、女性から見るとちゃんと話を聞いている風に見えるので、女性の心をつかめることができているのです。

なぜ、話を聞いていないのに、女性から聞いている風に見られるのかと言うと、聞いてるふりが非常にうまいということです。
石田純一さんをよく観察してみると、誰かが何か言ったら、それにきちんとリアクションをとっているということに気づきます。

つまり、適当に聞いているように見えて、しっかりと女性に(この人は私の話をちゃんと聞いてくれているんだ・・・こんな男性はなかなかいない、本当にいい人だな・・・)ということを思わせているのです。なぜなら、基本的に女性は、自分の話をちゃんと聞いてくれる人を求めていますからね。

レストランなどで女子会が開かれていたら、その終わり頃に「あー! 今日はいっぱい話せて楽しかった!」という女性の言葉を聞いたことはありませんか?
その女子会が開かれている間は、ただ女性が自分の話したいことをしゃべっているだけで、全然言葉のキャッチボールができていないように、男性からは感じられるかもしれません。

しかし、他の女性の話を聞いている女性の方は「うんうん、それでそれで?」と話している女性のほうを向きながら、きっちりとうなずく動作のリアクションをとっているでしょう、話を聞いている女性は全く話を聞いていないのですが、リアクションをとることによって、しっかりと聞いているふりができているのです。

ですから、女性の話を全て聞いてしまうのはあまりにも負担が大きいので、頷くといった動作や「へー! そんなことがあったんだねー」というような返答をして”あなたの話に興味を持っていますよ”と、無言のアピールを女性にしてみてください、これは専門用語で言うと非言語コミュニケーションというみたいです。

男性は言語コミュニケーションばかり重視して、この非言語コミュニケーションを軽視する傾向にあるそうですから、女性との会話の時には、この非言語コミュニケーションを意識して、きちんとリアクションをとってください。

それによって、女性の反応は必ず変わってくるでしょうから、おんな友達もできるでしょうし、深い関係になる女性も出てくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です